2008年12月13日

第一章 桃園の誓い編


第一章 桃園の誓い編を最初からまとめて読む

第一章 桃園の誓い編開幕

2008年10月27日 第01話 俺偉い?

2008年10月28日 第02話 草鞋うざい

2008年10月29日 第03話 鉄拳制裁

2008年10月30日 第04話 黒歴史

2008年10月31日 第05話 期待しすぎ

2008年11月01日 第06話 モヤシ元気か?

2008年11月02日 第07話 盧植のじじいに感謝

2008年11月03日 第08話 あわよくば…

2008年11月04日 第09話 母ちゃん大丈夫か?

2008年11月05日 第10話 軍師様と呼べ

2008年11月06日 第11話 豚に殴られた

2008年11月07日 第12話 逃げるが勝ち

2008年11月08日 第13話 迷惑な豚

2008年11月09日 第14話 ストーカー張飛

2008年11月10日 第15話 俺の切り札

2008年11月11日 第16話 単細胞共め

2008年11月12日 第17話 ペットでも飼おう

2008年11月13日 第18話 狡賢い豚

2008年11月14日 第19話 茶碗にヒゲ

2008年11月15日 第20話 傲慢なヒゲ

2008年11月16日 第21話 ヒゲは嘘つき 

2008年11月17日 第22話 踏み倒し

2008年11月18日 第23話 人生損した

2008年11月19日 第24話 良き日にイザコザ

2008年11月20日 第25話 無理難題

2008年11月21日 第26話 略奪は天命

posted by うさんく斎 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志 裏劉備伝 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏劉備伝 登場人物

本作登場人物とあだ名 『蜀』

本作登場人物とあだ名 『魏』

本作登場人物とあだ名 『呉』

本作登場人物とあだ名 『その他』

本作登場人物の簡易早見表

posted by うさんく斎 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志 裏劉備伝 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志 何でも投票

三国志 好きな合戦投票

三国志 好きな君主投票

三国志 好きな軍師投票

三国志 好きな蜀将投票

三国志 好きな魏将投票

三国志 好きな呉将投票

三国志 豪傑一騎打ち投票


posted by うさんく斎 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志 裏劉備伝 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏劉備伝について

うさんく斎のつぶやき

お知らせ

三国志 時代背景

三国志 簡易年表

posted by うさんく斎 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志 裏劉備伝 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第48話 こりゃ黒だわ

全くヒゲも豚も図々しい奴も馬も役たたずばっかだ。

あ、馬は俺の空腹を満たしてくれるからまだマシだな。

しかし一体に何に躓いたんだ?

目を凝らして見ると黄色い布を巻いている。

おそらく黄巾賊の脱走兵だろうか。

どうせなら何か貰っておこうと物色していると

黄巾賊数人がこちらにやってくる。

まずい、体が痛くて逃げられない。

とっさに倒れてる黄巾兵から布をふんだくる。

布を頭に巻いて特技の死んだふりだ。

頼むこのままやり過ごしてくれ・・・

黄巾兵が近くまでやってくると、なにやらざわついている。

大将の程遠志様がどうのこうの言っている。

それ誰?偉い人なの?

副将のケ茂様もやられてしまってはもうダメだとも。

おおお?

どういうことだ?

この俺が轢いた相手は大将の程遠志だって?

こいつぁすごい、大手柄だ。

しかも副将のケ茂という奴も誰かが殺したのか?

敵ながら情けない指揮官たちだな。

何とも拍子ぬけな戦だった。

俺の覇道の中では所詮脇役にすぎんな。

とりあえず黄巾兵が程遠志の死体を運んで帰るのを待ってると、

寒さと怪我のせいか夜が明けるまで寝てしまったらしい。

義兵達がボツボツやってくる。

おお、お前たちも生きていたか。

早速俺の戦功を自慢してやろうと思ったら、

義兵達がとんでもないことを口にしだした。

劉備様大勝利です。

うむうむ。

この俺が大将をやっつけたんだから当たり前だ。

程遠志を関羽様が、ケ茂を張飛様が一刀のもとに・・・・

おい!

何をほざいている。

ケ茂はともかく、程遠志はこの俺が轢き殺したのだぞ。

誰がそんなこと言い始めたんだ?

討ち取るところを見ていたのか?

ちゃんと首実験したのか?

疑問を義兵にぶちまけても答えが出ない。

痛い体を引きずりながら田舎もんのいる本陣に向かうと、

ちょうど勝鬨を上げている所だった。

鄒靖がこちらに気づき、ヒゲ豚を引き連れてやって来た。

劉備殿のおかげで勝てた。

こんなすごい豪傑を部下に持つなんて素晴らしいと褒められた。

ヒゲ豚は誇らしげに首を一つずつ持っている。

張飛の持っている首は綺麗な顔をしているが、

ヒゲの場合は違う。

顔がぐちゃぐちゃになっていて誰だかわからなくなっている。

黒だな。

第一お前逃げたんじゃねーのかよ。


あぁ、してやられたわ

三国志 裏劉備伝 トップへ戻る
posted by うさんく斎 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第二章 黄巾賊討伐編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。