2008年12月26日

第60話 見かけ倒し

うちの図々しい奴も負けてはいない。

董卓が去っていった後だが、

簡雍は分かりきった顔をしている。

いまどき賄賂も贈らずにでしゃばる事なんて出来ない。

盧植は世渡り下手だと偉そうにのたまう。

まぁそれは俺も同感だ。

だがたかが賄賂で有能な武将を罷免するのかのう。

もっと奥が深い問題がありそうだ。

しかし下っ端の俺が今心配することでは無い。

先公はもういないのにどうしたらいいのだ?

しかも冀州は遠いしひとまず朱儁の元へ戻ろうかの。

全くもって行ったり来たりの人生だわ。

潁川の官軍の陣に戻るとやたら慌しい。

南の宛の賊将張曼成の後任の趙弘や韓忠が

強大な勢力を築いてるらしい。

そして俺が途中で引き返した冀州は

盧植が居ない隙にペテン師が調子に乗って

洛陽を脅かそうとしているのだと。

先公を更迭するからこうなるんだろうよ。

まだまだ終わりそうにないな。

これは全て片付かないと俺の恩賞は無いのが分かる。

さぁ次はどこに行けばいいんでしょーかね?

そういえば曹操とやらは既にいない。

図々しい奴によると、

先の戦での戦功が認められて、

済南国の相に任じられたのだと。

ハイハイ凄いすごい。

元から官職あるやつはそんなもんなんだろ?

もう半分諦めたわ俺は。

そうして俺は左の皇甫嵩と共にまたまた冀州へ。

宛攻略は右の朱儁と孫堅て野郎が赴くらしい。

孫堅て誰だ?

初めて聞く名だのう。

ここでまた図々しい奴がでしゃばる。

お前はこういう情報集めるの好きなんだなぁ。

どうも孫堅は大したこと無い奴らしい。

劉備と似たような義軍上がりで、

黄巾賊の波才という賊将に左右と共に負けまくって、

守りに徹する事しか出来なくなった所を、

劉備の火攻めで助かったのだ。

尚且つ賊将の彭脱という奴を追い詰める時に

敵の罠にかかって命からがら逃げて来てらしいぞ。

と嬉しそうに簡雍は説明する。

なんだ本当に大したことない奴だな。

見た目は虎みたいにごついのにな。

やはりこういう奴は単細胞なのだろう。

だから罠なんかにかかるのだな。

と言うかやたら人の名前が増えてきたな。

覚え切れんぞ。

まぁ少なくとも孫堅は弱虎って事でいいだろう。

弱虎のお前よりか戦果をあげる自信はある。

見た目がこんなんで負けてばっかなんて恥ずかしいな孫堅。

とんだ見かけ倒しだ。

悔しいなら宛でせいぜい頑張るが良い。

だが頑張っても意味無いけどな。


お前も所詮義軍だもの




三国志 裏劉備伝 トップへ戻る

posted by うさんく斎 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第二章 黄巾賊討伐編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫堅 文台(そんけん)

本作での呼び名=弱虎

中国後漢末期の武将。呉郡富春県の人。三国時代に成立した呉の皇帝、孫権の父。廟号は始祖。諡は武烈皇帝。家系は孫氏。
司馬になった孫堅は、会稽郡で起こった許昌の乱を鎮圧した。
この時代、江東一帯には、宗教勢力がいたるところに存在していた。この乱の鎮圧後、孫堅はその功績により、いくつかの県の次官を歴任したが、どこでも評判は良く、役人も民衆も孫堅になついた。また、その間、自らの軍団の強化に努めた。
184年、太平道の張角によって勃発した宗教的な反乱である黄巾の乱の鎮圧のため、孫堅は、漢王朝の中朗将であった朱儁の下で参戦。黄巾の渠帥波才撃破に一役買っている。朱儁が汝南、潁川と転戦すると、孫堅もそれに従い軍功をあげていった。宛城の攻略においては、孫堅自ら先頭に立って城壁を登り、西南方面の官軍を率いて大勝利を収めている。この功績により、別部司馬となった。
186年、昇進すると同時に、涼州で辺章と韓遂が起こした反乱の鎮圧に向かう。当初、反乱鎮圧には中朗将の董卓があたっていたが、情勢は芳しくなかった。そこで董卓に代わり、司空の張温が指揮を執り、孫堅はその参軍として従軍した。董卓の度々の軍規違反に立腹した孫堅は、董卓を処刑するように張温に進言するが、涼州での行動に際して董卓の力が必要と見ていた張温に退けられている。後日、董卓はこの事をいずこからか漏れ聞いて、張温と孫堅を深く憎むようになった。
後漢の討伐軍の大軍が来ると聞いた辺章・韓遂軍は恐れをなして散りぢりになり、辺章と韓遂は降伏し、孫堅は議郎となった。
孫堅は荊州南部で起こった区星の反乱鎮圧の命を受け、長沙に太守として赴任して、様々な計略を用いて、この反乱を鎮圧した。区星の反乱を援助していた零陵や桂陽の二郡にも進出して、反乱を鎮圧した。この功績により孫堅は鳥程侯に封じられた。
このように、各地で人材を手に入れ、転戦して実戦経験も十分に積んだ孫堅の軍団は、やがて軍閥化しはじめる。
この頃、洛陽では、董卓が実権を握る。少帝を廃位し、献帝を擁立、張温を占いの結果の吉凶にかこつけて殺害するなど、横暴を行った董卓に対し、袁紹を中心として諸侯が董卓を討つべく挙兵した。孫堅もこれに応じて挙兵した。孫堅はまず、長沙から北上して荊州を通過する。この時、董卓への反意を表明していたものの、自らに対して日ごろから侮辱的な扱いをしてきた上司、荊州刺史王叡を殺害した。次には南陽郡太守の張咨も障害とみて、やはりこれを殺害する。さらに前進して魯陽の袁術に謁見したところ、袁術は上表して孫堅に破虜将軍代行、予州刺史を領させた。
この後、自軍に損害が出ることを嫌う諸侯が董卓軍とまともに争わない一方で、曹操や孫堅の率いる軍団は董卓軍とぶつかりあっていた。曹操軍が董卓配下の徐栄軍に敗れて脱落した後も、孫堅軍は董卓軍に挑み続け、敗れたこともあったが、陽人での戦いで大勝し董卓配下の華雄の首を挙げるなどの戦果をあげていった。董卓は孫堅の勢いに恐れをなし、李傕を使者に立てて懐柔しようと計るが、孫堅がこれを受け入れないと分かると遷都を決断し、洛陽の町を焼き払って、西へ逃れた。孫堅は洛陽に入った。董卓は陵墓を荒らして宝物を奪い取っていたが、孫堅は陵墓を修復し、あばかれた箇所を塞いでから、再び魯陽の袁術のもとに帰還した。
反董卓連合軍が事実上瓦解し、そのうち盟主である袁紹と、袁術が対立し始めると、諸国はこの争いを中心とした群雄割拠の様相を呈しだした。初平三年(192)、袁術は孫堅を使って襄陽の劉表を攻めさせた。
孫堅は、劉表配下の黄祖と一戦して打ち破り、襄陽を包囲した。しかし、襄陽近辺の峴山に孫堅が一人でいる時に、黄祖の部下に射殺された。『三国志』孫堅伝の注によれば、劉表の部下の呂公が落とした石に当たって即死した、ともある。
これにより孫堅軍は瓦解し、敗残の将兵は袁術軍に吸収されることとなった。この後、やがて長子である孫策が袁術から独立し、彼の事業を継ぐ事になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 登場人物 「呉」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趙弘(ちょうこう)

官軍の朱儁・劉備の軍に追い立てられ、宛城に立てこもります。降伏を願い出るも、朱儁はそれを許さず、死にものぐるいで戦うことになりました。
演義では、劉備の献策で、一方の囲みを解き、逃げるところを討ち取る作戦をとり、趙弘は援軍で来た孫堅に、韓忠は劉備三兄弟の矢に、孫仲は劉備の放った矢に、それぞれ討ち取られました。
正史では、韓忠は朱儁の部下である秦頡に討ち取られています。他の2人は記載がなく、そもそも存在しなかったようです。

出典:三国志ドライヴ
タグ:趙弘 黄巾賊
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓忠(かんちゅう)

本作での呼び名=脇役

南陽黄巾軍(黄巾賊)の指揮官の1人。
中平1年(184年)、南陽黄巾軍総帥張曼成の配下として、宛城に據って官軍の朱儁らと対峙した。張曼成とその後継者の趙弘が相次いで朱儁らに討ち取られると、韓忠がさらにその後継者となって引き続き抵抗した。しかし朱儁の用兵の前に追い詰められ、降伏しようとしたが赦されず捕えられ、朱儁の副将を務めていた南陽太守秦頡に処刑された。韓忠の後を孫夏が引き継いだが、これも朱儁に敗れて戦死し、ついに南陽黄巾軍は滅亡した。
『三国演義』では同僚の孫仲・趙弘と共に宛城に立て篭もり、官軍の朱儁・劉備と戦った。やはり降伏を許されずに逃亡しようとしたが、矢に当たり戦死した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:韓忠 黄巾賊
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張曼成(ちょうまんせい)

本作での呼び名=脇役

後漢末の黄巾の乱、南陽黄巾軍の指導者。184年、太平道大方(黄巾軍の総司令官)である馬元義が漢軍に捕らえられ処刑されると、張曼成は南陽にて民衆を集め挙兵した。3月に南陽太守褚貢を殺害後、宛県城を拠点としたが、6月に新たに南陽太守秦頡の軍勢に破れ処刑された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。