2009年01月03日

第66話 喜べ庶民共

張鈞になぜ孫堅が俺の事を

恨んでいるか詳しく聞いてみた。

張鈞も直接本人から聞いたわけでは無いので

定かではないらしいが、

俺の配下の簡雍の無礼のせいだと。

たいそう失礼な言葉を孫堅にぶつけたらしい。

張鈞はそう肩を落としながら言い、

そういう迷惑な家臣は俺にとって有益ではないから

さっさと追放して関わらないほうがいいとまで

助言してくれた。

また図々し奴のせいか。

まぁ心当たりはあるな。

俺が孫堅に賄賂疑惑を持ったのだからな。

しかし図々しい奴は黄蓋に成敗されたから

それでおあいこにしてくれよ。

男のくせに地位を利用して卑劣な野郎だ。

ヒゲ以上に傲慢なやつだ。

ヒゲと弱虎を一度戦わせてみたいわい。

俺の周りはぶつぶつといい傲慢な奴が多い。

そいつらをぎゃふんと言わせれるのは

やはり俺しかいないはずだ。

腹の虫が治まらないが今は我慢の時じゃ。

安喜県の県尉を務めあげて、

さらに出世してやろう。

相当田舎町らしいから人民を掌握してくれるわ。

くっくっくっく。

俺の人望の厚さで天下を取ってやる。

俺は義兵を解散して安喜県に向かう。

図々しい奴は今回ばかりは許してやろう。

俺が吹っ掛けた話だし、

今あいつは虫の息になっておるからな。

なんとも慈悲深い役人様のこの俺。

張角みたいに蜂起するのもたやすそうだ。

県民は首を長くして待ってるだろうし急ごう。

喜べ庶民共。


最高の役人様が赴任するん
だからな。




三国志 裏劉備伝 トップへ戻る
posted by うさんく斎 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第三章 反董卓連合編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陳宮 公台(ちんきゅう)

本作での呼び名=

「剛直烈壮、少(わか)くして海内(かいだい)知名の士と皆相連結す」と記述の通り、地元の顔役として、勇敢で信念を曲げない人で、若くして多くの名士達と交友を結んだ。

天下が動乱の時代に入ると、陳宮は、まず曹操に仕えた。初平3年(192年)、兗州刺史劉岱が黄巾軍に敗れて戦死すると、陳宮は、「覇王の業」のために兗州を傘下に治める事を曹操に進言する。曹操の同意を得た陳宮は、先行して兗州に赴き、別駕や治中などを説得して回った。この結果、済北の相鮑信らが陳宮の意見に賛同し、曹操を兗州牧に迎えた。

興平1年(194年)、曹操が徐州の陶謙を攻撃すると、陳宮に東郡の守備を委ねた。しかし、曹操軍の大部分が兗州を離れた隙を衝き、陳宮は曹操への叛逆を目論む。陳宮は、陳留太守張邈、その弟の張超、従事中郎の王楷・許とともに反乱を計画し、呂布を新たに主君として仰ぐことにした。なお、張邈の反乱の動機は、曹操が袁紹と同盟して自分を攻撃するのではないかという不安とされているが(『三国志』魏書呂布伝)、陳宮本人の動機は、曹操への疑いを抱いたとあるのみで詳細は不明である。

張邈らが呂布を迎え入れて曹操への反乱を起こすと、兗州の郡県のほとんどが呼応した。曹操に味方したのは鄄城、范、東阿だけであった。この3城は荀ケ・程c・夏侯惇・曹洪・棗祗らが守り抜いた。陳宮は自ら軍を率いて東阿を攻撃したが、失敗に終わった。

興平2年(195年)、曹操が兗州へ再度戻り、呂布配下の兗州別駕薛蘭、兗州治中李封を鉅野で撃破し、これらをすべて斬った。陳宮は呂布に従い、東緡へ出撃して曹操軍を攻撃したが、曹操軍の伏兵に遭って敗北した。その後も呂布軍は曹操軍の前に敗北を重ね、ついに呂布は兗州から逃走し、陳宮とともに徐州の劉備を頼って落ち延びた。

呂布に殉じる

建安1年(196年)、呂布は劉備を駆逐して徐州を手に入れたが、まもなく配下の将である郝萌が反乱を起こした。この反乱自体は高順により鎮圧された。郝萌の下から寝返って帰参した曹性が、郝萌の反乱の黒幕は袁術と陳宮であると呂布に対して供述すると、陳宮は顔を赤らめた。結局、呂布は陳宮を許している。

建安3年(198年)冬、曹操が彭城まで攻め寄せてくると、陳宮は呂布に直ちにこれを攻撃するよう進言したが、呂布は曹操軍が下邳まで攻め寄せてくるのを待つとして、これを容れなかった。下邳まで曹操軍が来たところで呂布は城外へ出撃したが、敗北して配下の勇将成廉を捕虜とされてしまう。下邳城内に追い込まれた呂布は、曹操からの勧告もあって降伏しようとしたが、陳宮やその同僚たちは自分の罪の深さを思い、これを押し止めた。陳宮は呂布に対し、「曹操に降伏するのは石に向けて卵を投げるようなものです」などと述べている。

その後呂布は、陳宮と高順に下邳城を守らせ、騎兵を率いて曹操軍の糧道を断とうとしたが、呂布の妻が陳宮と高順の不仲を指摘したため取りやめている。また陳宮は、呂布が城外に布陣し、陳宮が城内に留まったうえで、陳宮が曹操の背後を攻撃し、曹操が城を攻めたら呂布が城を城外から救援するよう献策した。しかし呂布の妻が、曹操は陳宮を我が子のように優遇していたのにそれでも陳宮は裏切りました、と呂布に述べたため、陳宮の策は採用されなかった。同年末、呂布配下の侯成、宋憲、魏続が反乱を起こし、陳宮を捕縛して曹操に寝返る。これにより呂布も戦意を喪失し、ついに曹操に降伏した。

面前に引き立てられた陳宮に、「なぜこのようなことになったのだ」と曹操が問うと、陳宮は呂布を差して、「この男が私の言うことを聞かなかったために、こうなったのだ」と答えた。さらに曹操が、老母や娘をどうするつもりかと尋ねると、陳宮は、「天下を治める者は人の親を殺したり祭祀を途絶えさせたりしないものだ。母の生死は貴方の手中にあり、私にはない」と言った。曹操は涙ながらに刑場に向かう陳宮を見送ったが、陳宮は振り向かなかったという。こうして呂布、高順らと共に絞殺され、許の市において晒し首にされた。曹操は彼の老母ら家族を引き取って厚遇し、娘は嫁ぐまで面倒を看た。

三国志演義

『三国志演義』においては、董卓暗殺に失敗して洛陽から逃げ出した曹操を捕まえる中牟県の県令として登場する。一度は捕らえるも曹操の志に感服し共に逃亡する。

しかし曹操と陳宮は、途中で立ち寄った曹操の知人・呂伯奢の家で、呂伯奢の家族に殺されるのではと疑心暗鬼にかられ、呂伯奢の家族を殺害してしまう。さらに家から逃げ出す途中、曹操は、何も知らない呂伯奢をも口封じのため殺害した。そのあまりの身勝手さに呆れた陳宮は、彼の寝込んだ隙に暗殺しようと考えるが思いとどまり、1人で東郡へ去った。

その後、陳宮は東郡で従事をつとめており、徐州の陶謙とも交流をもった。曹操が父の仇を討つために徐州に攻め込もうとすると、陳宮は陶謙のために曹操を諫止しようとしたが、逆に罵られて追われしまい、陳留の張邈を頼った。そして、史実どおりに張邈らとともに呂布を擁立し、兗州を曹操から奪う。

呂布が曹操に敗れて徐州の劉備の下に逃れると、これに随従していた陳宮は、呂布に進言して劉備を駆逐し、徐州の支配者とさせた。さらに陳宮は、袁術が派遣した使者韓胤と結託し、曹操らに対抗しようと図った。しかし、密かに呂布の駆逐を狙う陳珪・陳登父子に阻まれ、韓胤は呂布により曹操に引き渡されて処刑されてしまう。その後も陳珪父子に行動を妨害され、陳宮は呂布に陳父子を退けるよう諫言したが、容れられず嘆息する。

曹操が徐州へ進攻してくると、陳登の裏切りにより、呂布・陳宮は下邳に追い詰められる。曹操の勧告に応じて降伏しようとする呂布を押し止め、陳宮は弓矢で曹操の傘を射抜いた。さらに、「掎角の勢」を進言して曹操軍を破ろうとしたが、呂布の妻・厳氏が泣いて呂布を止めたため、実行されなかった。最終的に敗北した後、刑場での曹操とのやり取りは、史実とほぼ同様である。

人物像

智謀の士として当時も名声が高かった陳宮であるが、下邳城を包囲していた際に曹操の参謀荀攸は、「陳宮は智謀こそあるが、決断が遅い」と評している。事実、兗州を曹操から奪った際には、陳宮は軍を率いて東阿を攻めたが、程cが倉亭津の渡しを断ち切ったので行軍が遅れ、その間に東阿は防備を固め、東阿攻撃は失敗した。

『三国志』魏書呂布伝の注に引く『典略』によれば、陳宮は呂布の為に策略を立てたが、呂布は陳宮の策略に従わない事が多かったという。これは呂布の「無鉄砲で猜疑心が強い」[8]性格が原因であっただけでなく、呂布の妻の指摘にあるように、曹操から厚遇を受けながら叛逆した陳宮自身の行状にも要因があった。さらに呂布配下の反逆の後ろ手をひいていた、処刑される際に呂布を指差して面罵するなど、曹操はもちろん呂布に対しても心服していたとは考えにくい行動が多い。

史実上の彼の行動には不明な点が多く、各々の三国志創作作品では知謀に長けた策士という人物像を基調とし、様々な陳宮像が描かれている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:陳宮
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

李儒(りじゅ)

本作での呼び名=

董卓が入朝した頃に官界にあった。後漢書皇后紀には、弘農王の郎中令に就いており、董卓に廃された弘農王劉弁に毒薬を飲ませて殺したことが書かれている。董卓の死後、李傕から侍中に推薦された際、弑逆の罪で献帝によって殺害されそうになるも、李傕のとりなしを得ている(『後漢紀』)。

三国志演義では董卓の娘婿として登場する。董卓が洛陽を支配した後に、弁皇子の殺害及び献帝の擁立や、諸侯による董卓討伐軍が洛陽に迫ったことへの対策として長安への遷都など、董卓による悪政の進言を積極的に行なうなど、知恵袋的人物として活躍する。また連環の計にも気付き、呂布との対立を深める董卓を諫めるも聞き入れられず、「我等全員女(貂蝉)の手に掛かって死ぬのか」と嘆いている。

最期は192年に董卓が暗殺されたとき、王允によって連座として捕らえられ四つ裂き刑にされる。ちなみに横山光輝の三国志では呂布が董卓を殺した直後の城外での乱闘で呂布に突き殺されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。