2008年11月01日

第06話 モヤシ元気か?

もう23歳か・・・

劉元起の叔父さんにやたら気に入られて

援助してもらってたのにな。

ごめんよ。

けどめんどくさいんだもーん。

じいちゃんや親父は小役人だったけど

ちゃんと仕事してたから

俺も見習わないといけないってんで

15歳の時に盧植って先公に勉強見てもらってたんだが、

逃げ出したんだよなぁ。

あれから八年か・・・

一緒に勉強してた公孫讃は元気なんかのう。


あいつは色白のモヤシだからな。


三国志 裏劉備伝 トップへ戻る
posted by うさんく斎 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第一章 桃園の誓い編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第1話 上杉謙信と樋口与六
Excerpt: 直江兼続伝 越後の武将直江山城守の本音
Weblog: 戦国の雄 直江兼続のつぶやき
Tracked: 2008-12-02 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。