2008年11月10日

第15話 俺の切り札

相手は十数人。

小汚い黄色い布を頭に巻いてる。

黄巾賊だ。

こいつらだけは絶対許さねぇ!

ここは一つ軍師様の力を見せてやる。

素早く堂々と相手の正面に立つ。

そしてスーッと息を吐き、

地面に額をめり込ませて命乞いをする。

しかし聞く耳もってくれない。

話し合いで解決しない馬鹿どもめ。

となるとこいつらに何か掴ませればいいんだけど、

こっちは出す金もなければ食い物もない。

あるのは命とずっと懐に隠し持ってた切り札の


草履だけだ。

三国志 裏劉備伝 トップへ戻る
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一章 桃園の誓い編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。