2008年11月30日

第35話 ヤクザ

黄巾賊の前にヒゲを成敗するのもアリだな。

おいこの傲慢ヒゲ。

言っとくけどな、この俺もだらだらと今の今まで

ただ草履編みだけをしてたわけじゃあない。

俺は村のみんなにかなり好かれていた。

特に若い衆達はいっつも俺について来てた。

生まれもったものだから理由はわからんが。

だからこれはいいと思い、こいつらと共に

なにか商売でも始めようと画策してた。

とは言っても何も特技がない俺達。

せいぜい徒党を組んで用心棒やら自警団っぽい事しか

することなかったけどな。

村を通る商人達を守ってやったり、村の中で

犯罪やらがあったら勝手に犯人を成敗したりした。

ただ最初の頃は評判もよく、村のみんなから

尊敬の眼差しを俺達は向けられていたんだが、

だんだん組織が大きくなるにつれて、

好き勝手する仲間が出てきやがった。

用心棒するのに法外な料金を吹っかけたり、

みかじめ料払わなければ商売させないぞと

ヤクザまがいのことをするようになってきてしまった。

最初の頃は咎めていたんだが、なにぶん大金を目にしたら

俺もつい誘惑に負けて見て見ぬふりをしていた。

これで村の秩序が保たれるならいいと言い聞かせていた。

しかしついに俺たちの悪行が母ちゃんの耳に入ってしまった。

泣いて懇願する母ちゃんにはかなわない。

というか自分が恥ずかしくなった。

だから俺は組織を解体して草履編みをするようになったのだ。

そういうことだヒゲよ。

何が言いたいのかというと、

俺はお前なんかより人望が厚いから、

いつでも村のみんなは俺に味方してくれるんだよ。

少々腕っぷしが強いからっていい気になるなよ。

これから目立った戦功を上げれば別だが、

あまり俺を怒らせないほうがいい 。

ひとまずお前の首は預かる。

次は無いからな偽名のおヒゲちゃんよぉ。


って俺は心に誓った。


三国志 裏劉備伝 トップへ戻る
posted by うさんく斎 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第二章 黄巾賊討伐編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。