2008年12月31日

張譲(ちょうじょう)

本作での呼び名=

潁川の人。後漢王朝末期の宦官。十常侍の一人で官位は中常侍。 霊帝 (漢)と何太后の信任を得て宮廷の権力を掌握。 黄巾の乱を治めたとして、侯に封じられている。 霊帝の死後、外戚であった大将軍何進をと対立を深め、宦官排斥を企てた何進を、先手を打って他の十常侍とともに宮中で暗殺した。その後何進の家臣であった袁紹、袁術らによる宦官掃討の際、少帝と陳留王(のちの献帝)を伴って洛陽を脱出するが、途中で掃討軍に追いつかれ、入水自殺した。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:十常侍 張譲
posted by うさんく斎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 登場人物 「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。